タグ:母親 ( 27 ) タグの人気記事

母との衝突

母と激突してからなのか、今月なってずっと調子が悪い。

夫曰く、私の最大のストレスは「母」だそうで、しばらくは「会うな」という通達が出されました。

私は通達が出されなくともしばらくは会うつもりはなかったので、

当分、電話も拒否させていただくことにしようと思っています。


先日、母に今まで抑えていた気持ちをすべて吐き出して、

私は小さくなった母を思いっきり抱きしめ、

「ずっと小さいころからこうして欲しかった」と言いました。

妹が可愛かったのも知っていたけれど、

私は一度でいいから「貴女にこうして抱きしめて欲しかった」と

母は「そんなことはないよ、ずっと目にかけていたよ」といったけれど、

残念ながら、その思いは私には届いていなかった。

母にとっては、「再出発のつもりだったと、取ったかもしれない」が、

私は、「決別の意味を込めて母を抱きしめました」

泥棒扱いをされ、被害妄想だといわれ、挙句に頭がおかしいと言われたら

もうやり直しは効かないのです。

母はそんなこと、一言も言っていないと言っていますが、

傷ついた私の心の奥にはもう吐き出すことすらできないくらいに深く深く毒針が刺さっています。

今まで、どこの病院に言っても、病院の先生曰く、明るい元気な患者だったけれど、

今は痛みが止まらなくて毎日叫んでいる私です。

早く、私に会う薬が見つかることを願ってやみません。

北陸地方も梅雨に入ったので、今日は涼しげなカメズのお写真などを

d0358843_00045706.jpg

d0358843_00050174.jpg

d0358843_00050663.jpg

d0358843_00050362.jpg






旦那さんの2番目の娘さんに子供ができました。

おめでとうメールを送りましたが、返ってきませんでした。

解っていたこととはいえ、少し寂しい気持ちです。

もう何も言うまい。

もう何も聞くまい。

私は、親戚であっても家族ではないのだから。

[PR]
by morukatura | 2014-06-09 23:29 | 日常 | Comments(0)

母親ってなんだろう

今日は、私がこの病気を発病して初めてというくらい辛い一日だったような気がします。

痛みだけではなく、全身の何とも言えない疲労感、倦怠感

あと、痛みも部分によって違い、おまけに環状紅斑まで出没

おかげで一日中ほとんど布団の中から起き上がれずにいました。

夜の8時頃にはなんとか復活しましたが、あれは何だったんだろうというくらい辛かった。

それでも、家庭の主婦である以上、掃除、食事の用意、ゴミ出しだけはしました。

どんなにしんどくてもこれだけは自分でしないと気が済まない損な性格です。

ニャンズも気を使ってか、私のそばに張り付いて慰めてくれていました。

中には私のお腹のと胸の上に乗って「絶対に動きません」と押さえつけてくれる方も2匹ほど

今は、それぞれがお気に入りの場所で寝る準備をしているようです。

私が、一気に体調を崩してのは、きっと母の引越から来る疲労感だと思います。

何一つ自分で出来ない母に変わって、手続きをすべてというくらい。

あと、今で住んでいた家の売却の手続きまで、

お陰様で家の方は、広告を出したその日に買い手が決まりました。

でもその後が悪かった。

業者にも言われたように、引越の時に権利書をなくす人が多いから

誰がに預けたほうがいいと言われ私が預かることにしました。

そして、引っ越しも無事に終わり、片付けもほぼ終了し、

家の売買について手続きをしなければならなくなっので、

預かっていたもの一式、母に返す事にしました。

私の母は権利書と登記簿謄本の区別がつきません。

どんなに説明してもわからないのです。

そして、挙句の果てに私が権利書を盗んだと言い出しました。

最終的には自分の勘違いだと理解をしましたが、私に謝ることは決してありませんでした。

今まで、憎しみはあった中にも一人残った親だからという思いから、

感情を殺して接して来ましたが、今回ばかりは無理でした。

そしてそんなことからか夜、母からの電話で明日の昼を一緒に食べようということに。

母なりの「ごめんね」のつもりだったのかしれません。

しかし、次の日母の家に行くと妹の車、そして「妹と一緒にご飯を食べた、お姉ちゃんは」

おまけに「お姉ちゃんなんやったん」と

不動屋さんとの話があるから尋ねたのに、妹の来訪が余程嬉しかったのでしょう

自宅に戻り、私も感情を抑えることができず、すべてを夫に話しました。

夫は怒り、二度と行くなと言いましたが、6月9日の本契約だけを最後にするから

それまではもう愚痴はこぼさないから行かせてほしいとお願いしました。

そんなことがあって一気に体調は悪化へ一直線です。

本来なら、今日は外出の予定でしたが、家で休息をとっていました。

昨日、友人から抱いたお菓子とむお寿司が私を慰めてくれました。

本当にありがとう。貴女のいつもさりげない優しさが私の心を癒してくれます。

本当にありがとうございました。









[PR]
by morukatura | 2014-05-05 06:40 | 日常 | Comments(0)

今日の出来事

今日もグチグチ日記です。


昨日の事があってか、昨夜遅くに明日一緒にお昼ご飯を食べようと母から電話があった

私は11時から予定があったので、遅くとも1時にはアパートに行けると言った。

不動産屋さんとの打ち合わせが3時半からなので十分に時間はある。

そして、今日予定通りに行くと駐車場に車が止まっていた。

妹の車だった。インターホンを押すと中から「誰?」と

私は「姉ちゃん」だというと「姉ちゃん?」と返ってくる。

そして、妹が「姉ちゃん久しぶり、体どうや」と

次に母が、今、〇〇ちゃん(妹の名前)とお昼ご飯食べたんだけど、お姉ちゃんは?と

妹はヘルパーの仕事をしていて、急にキャンセルが入ったので、

時間調整をするために母のAPに電話をし、

一緒にお昼ご飯を食べようということになったらしい

妹の担当地域は妹が居住する地域で母の住んでいる地域ではない。

でも、妹はお姑さんと仲が非常に悪いので、

時間が空いても絶対に自宅には戻らず母の家で時間調整をしている

今日も突然のキャンセルだったようだが、母にとってはこの上なく嬉しかったみたいで

まるで子供のようにはしゃいでいた。

その間、私は一言もしゃべらず痛いからだをさすっていた。

夫に行くなと言われたこと、聞いていればよかったと後悔しました。

お姉ちゃん業って本当につらいものかもしれない。

6月9日に家は引き渡し。あと一ヵ月

ここまで来たら黙ってお姉ちゃん業をやり通すしかないのだと思いました。






[PR]
by morukatura | 2014-05-02 06:54 | 日常 | Comments(0)

5月です

今日から5月に入りました。

私のカーナビも桜色から新緑のグリーンに変わりました。

毎月、毎月画面の色が変わるカーナビ、お疲れさんです。

そして、毎回エンジンをかけるたびに、話しかけてくれます。

内容はだいたい決まっているのですが、私が返事を返したりと遊んでいます。


話しは変わりますが、すったもんだの結果、何とか母の家が売れることになりました。

私にとっては何の思い入れもない家ですが、引越し、掃除、ゴミ捨て

いろんな意味で本当に疲れました。

おまけに母の暴言や今更ではありませんが私への態度

本当に疲れましたし、これが親のすることかとも思いました。

あと、2回手続きが済めばすべて完了で引き渡しです。

夫はもう行くなと言いますが、これが最後のお姉ちゃんの仕事としてやり抜こうと思います。

本日、母と不動産屋さんと話を一時間ほどしました。

関係があるかどうかわかりませんが、体の痛みとこわばりがMAXです。

やっぱりストレスなのね、と、改めて実感した次第です。

明日もまた母の家で不動屋さんと打ち合わせです。

[PR]
by morukatura | 2014-05-01 08:49 | 日常 | Comments(0)

通院日

今日は、3か月に一度の内分泌代謝科の診察日でした。

朝、8時に自宅を出て、病院を出たのが午後の3時半、半日コースをとっくに過ぎてました。

とはいっても、今日は急遽、内視鏡検査も行われることになったので

検査終了後に1時間お休みをしていたから、そのせいもあって余計に遅くなりました。

1か月前から急に首を絞められているような感覚が治まらず、

私は甲状腺機能の関係かな?って思っていたけれど、

内分泌代謝科の先生が甲状腺とは関係がないと思うので

一度内視鏡検査をしたほうがいいということですることになりました。

写真の結果は胃の入り口のところにヘルニアがあり、

胃の内部はびらん性の慢性胃炎、出口にもびらん性の胃炎のあと、ピロリ菌などなどと

相も変わらずお忙しい私の体

結局、1か月薬を飲んで様子を見ることに。

おかげで、また薬が増えました。

ちなみに今飲んでいるお薬は、

リリカ450、サインバルタ2錠、デパケン4錠、レクサプロ、ランドラン

ソラナックス、マイスリー、メチコバール、ユベラE、チラージン

ボルタレン、マクサルトPRO、プロマックD、パリエット

そして、中止になったのが、ジプレキサーとトリプタノール

トリプタノールは飲んで1週間で3回倒れました。

私もびっくり、旦那さんもびっくり、先生もびっくりで服用中止となりました。

あと、サプリメントの類は一切禁止ということでした。

薬だけでお腹が膨れます。いつまで飲み続けるのか。

私の固い固い、先生も驚くほどの固いからだ、何とかして下さい。

痛みも半端じゃないけれど、体の固さも半端じゃありません。

思い切って、新しい布団を買いました。

その効果がどれだけ出るか、ちょっと期待をしています。

今日は少し早いけれど、休むことにします。


d0358843_08545487.jpg

d0358843_08550791.jpg

d0358843_08551746.jpg

d0358843_08553102.jpg

母の引越しが何とか無事に終わりました。

痛い体を精一杯引きずって頑張りました。

だって、母の引越なのに、まるっきり他人事なんですもん。

途中から、頭思いっきりブチ切れました。

すると、私の手の動きの速いこと早いこと。

おかげで、体が悲鳴を上げ、夫に外出(母のところに行くこと)禁止令が出されました。

カメのキィちゃんを保護して以来久しぶりです。

でも、今日電話の設置に行ってきました。

そしてまたゴミ処分場へ行き、帰りにゴミ袋6つ持って帰ってきました。

しばらく、引きこもりをすることに決めました。

何かあれば、母の大切な、可愛い妹に言って下さい。

お姉ちゃんはしばらく冬眠させていただきます。






[PR]
by morukatura | 2014-04-23 08:53 | 日常 | Comments(0)

体調不良

久しぶりの日記です。

最近は体調も痛みの方も上がったり下がったりで不安定な状態です。

いろんなことに制限がかかってしまって、ちょっと気持ちもブルーかな

4月に入ったというのに、世間は春一色の世界なのに

私はまだ冬眠中の熊のようです。

エネルギーはたくさん温存しているのに、なかなか外に出さないでいるから

内部の奥深くに溜まりっぱなしで困っています。

何時になったら出すことが出来るのか不安になってしまいます。

このまま夏まで置いといて、夏バテを期待しちゃおうかしら・・・・・なんてね。

明日は母親の引越しです。

日頃の行いがあまりにも良いから明日のお天気は雨です 

体力はないけどお口は元気なので、喧嘩を売ってこないように注意します





4月に入ってから、母の引越の関係で、振り回されっぱなし

ゴミの処分、不動産への売買の手配、引越の手続きなどなど

おかげて、精神的にもに期待的にもMaxです。

明日行って、23日に電話の設置をしたらしばらく音信不通にします。

そうしないと、私の精神が持ちません。

もう、都合の良いお姉ちゃんをやめさせて下さい。


d0358843_08585624.jpg


d0358843_08590073.jpg


d0358843_08590591.jpg

この子たちの存在が今の私の支えです


[PR]
by morukatura | 2014-04-20 08:57 | 日常 | Comments(0)

母のこと

d0358843_09190516.jpg


d0358843_09191267.jpg


d0358843_09192442.jpg


私と母には長い間ずっと簡単に表現できない確執があります。

それは私の妹達も幼いころから感じていたもので、

彼女達が高校に入学した頃に発した言葉で今でも忘れられないのが

「お姉ちゃん、家の子じゃないの?」という言葉でした。


一番最初の私と母の確執は、

きっと私が母のお腹に宿った頃から始まっていると思います。

子供がほしくなくて、離婚したかった母。

でも出来たら仕方なく産んだと。

男の子だったら跡取りだから置いていけたけど、

あなたが女の子だったから置いていくことができなかった。

この言葉は私が幼いころから母に言われ続けてきた言葉でした。

そして私はその言葉を言われるたびに、「じゃなんで妹はいるの?」と

今にして思えばそれが母に対しての唯一の反発だったのかもしれない。

世間体を気にし、見た目・容姿を重視し、自分を悲劇のヒロインのように

私は、そんな母をずっと憎み、反面教師のようにして生きてきました。

でも心のどこかでそんな母からも愛情が欲しいとずっと願ってきたのも事実

いつも母の眼を気にし、「私を見て、妹の半分、それ以下でもいいから私を見て」

私は、手に入らないものをずっと欲しがってきました。

でもいつの間にか、それは絶対に手の入らないものだと確信し、

それが愛しさ余って憎さ100倍の言葉にもあるように

私の中で憎しみだけが残ったのだと思います。

そんな関係が周りの人に気づかないわけもなく、よく近所の人たちからは

「〇〇ちゃん(私)は、前妻さんの子だから今の奥さんは〇〇ちゃん(私)の事を全く可愛がらず、

〇〇ちゃんと〇〇ちゃん(双子の妹)ばかり可愛がる、〇〇ちゃん(私)がかわいそうや」

そんな言葉をよく耳にしました。でも私は傷つきはしませんでした。

母の愛情を知らずに育った私ですが、父と祖母からは溢れんばかりの愛情を貰いました。

だから、父と祖母が亡くなった時は本当に悲しくて、淋しくて生きていく事に虚しさを感じ、

父や祖母のいる元に何度も行きたいと思いました。

今でもふとそう思うことがありますが、今はともに生活する夫やニャンズ、カメズ、

そして虹の橋を渡ったモルズ・ニャンズのためにも生きていかなければと思い止まっています。



この数日間、私は体調を一気に崩しました。原因は、母です。

この数年間、私が感情を出さないことで、それなりの関係を保ってきましたが、

一昨年に勃発した母の離婚裁判で再び関係が崩れ始めました。

私は、両親の離婚話が出たのをきっかけに独り立ちをしました。

そして、その間に両親は離婚をし、半年後に父は亡くなりました。

何故、両親が離婚したのかはわかりませんが、するべきして離婚に至ったと思います。

離婚をしてから母はいろんな人とお付き合いをし再婚をしました。

私たちが住んでいた家を勝手に売り、今の家を建てました。

母の再婚には私たち姉妹は大反対をしましたが、

母はその反対を押し切って結婚をしました。

そして、この2月に離婚をしました。一年の裁判を終えての離婚でした。

その間と言えば、「娘だから母の手助けをするのは当たり前」

そんな勝手な言葉を母の親戚から押し付けられるようになりました。

父と離婚する際「妹は私が連れていきますが、貴女はどうされますか」

そんな言葉を私に言った母が、今では娘なんだから当たり前だという。

憎んでも、憎んでもどこかで憎み切れず、

愛を欲しがっている私の心を見透かされているようでした。

私の病気のことも知っている。それでも私が何かをするのは当たり前。

そんなことが重なってか、一気に崩れてしまった私の心と体

そして今日とうとう夫から、母と距離を置くように、出来ればしばらくは会わないでほしいと。

母の愛をどれだけ求めても手に入らないと口では言っていたけれど、

私は心のどこかでもしかしたらと、淡い期待を持っていたのだと思う。

きっと持っていたと思います

だからこそ、少しでも認めて欲しくて、かいがいしくでもないけれど

母の世話を焼いてきたのかも

もういい加減、自分の体の事を優先に考えるように

夫に言われた「これ以上、貴女が傷つくのを見ているのはつらい」と



今日こうして日記に書くことで、私は母と生きている以上、決別は出来ないけれど、

少しでも心を強く持ち、そしてもう少し落ち着いて物事を見ることができるようにと

願いを込めて記すことにします。

そして、難しいことかもしれないけれど、

少しずつ気持ちを切り替えていこうと思います。


[PR]
by morukatura | 2014-03-18 09:18 | 日常 | Comments(0)

暖かい一日

d0358843_09220374.jpg


d0358843_09221712.jpg


d0358843_09222415.jpg


d0358843_09223521.jpg


d0358843_09225073.jpg




今日は、とても暖かい一日でした。

久しぶりに日記でございます。

最近は、ちょっとへたり気味でちょっとひきこもりをしていました。

でも、母の付き添いで、あっちに行ったりこっちに行ったりと

振り回されていましたが、何とか事も治まったのでプチ休息です。

休職も半年延長になり、9月12日までになりました。

この半年間は、復帰に向けての訓練というか、体を慣らしていかないといけないのですが、

痛みは相変わらずなので、今から不安になっています。

薬の方は、サインバルタが一錠増えました。

それでも副作用は全くでない私なので、医師もちょっとびっくりです。

環状紅斑の方は、出たり消えたりと忙しい毎日をお過ごしのようです。

今週は、今からバタバタが決まっているので、

なるべく体力を温存して、週末までもっていかなければなりません。

途中でガス欠しないように、今から充電を満タンして準備しておこうと思います。

[PR]
by morukatura | 2014-03-17 09:21 | 日常 | Comments(0)

母との事

d0358843_15330415.jpg

d0358843_15330555.jpg

d0358843_15330566.jpg

気温の関係もあるのかもしれないけれど、体調の良い日と悪い日が極端にやってくる

昨日は一日起き上がることもできなかったけれど、

今日は何とか買い物にも行けるようになった。

最近、母のことで行ったり来たりを繰り返しているからか、

ちよっと負担が大きくなってきたのかもしれない。

夫曰く「あなたは人の心配よりも自分のことを心配しなさい」と毎日のように言われるけれど、

親子というのはそんなに簡単にわりきれるものじゃないと思う。

私たち親子のように長い間確執があった親子なら余計かも。

きっと今になって親子作りをしているのかもしれない。

もうこの世に一人きりになった親だから

できないことはできないとして、できることだけ手伝いたいと思います。






[PR]
by morukatura | 2013-04-21 15:32 | 病気 | Comments(0)

コロ

母の自宅にいる愛犬シーズ、コロちゃんが昨日亡くなりました。

ずっと病気と闘ってきましたが、病気に勝つことはできませんでした。

母にとっては、我が子以上に愛情をかけてきたコロちゃんです。

辛い時も、楽しい時も一緒に過ごした来たコロちゃん

母の落胆はとてつもなく深い悲しみの中に沈んでいます。

1人で暮らす母にとって最愛のパートナーだったコロちゃん。

今頃は、病気から解放されて駆け回っていると思います。

亡くなる前日、私と妹と母の家に行き、コロちゃん遊んだのが最後の思い出になりました。

今日、火葬にしてきます。

コロ、今まで母を支えてくれてありがとう。

ゆっくり休んで、天国から母の事を見守って下さい。





[PR]
by morukatura | 2013-03-04 15:53 | 未分類 | Comments(0)

私の日記


by Karin*
プロフィールを見る
画像一覧