タグ:入院 ( 9 ) タグの人気記事

旦那さんの入院

昨日、旦那さんが入院をしました。

入院は私の専売特許だったから、思いもかけない出来事に戸惑うばかりです。

病名は「イレウス・腸閉塞」です。

過去にも何度かイレウスを起こし、入院をしたこともあるそうです。

私と共に生活をするようになってから、彼の入院は初めてです。

私は心に疾患を持っているので、一人で部屋にいることに不赤だらです。

自分の病気もあるので、彼に何も出来ない自分がとても歯がゆい思いで一杯です。

一日も早く退院できることを心が祈ることしか出来ません。


土曜日、義母の49日の法要が営まれます。

でも、私は情けないのですが、一人で人の輪の中に入っていけないので、

旦那さんともども欠席をすることになりました。

きちんとお義母にお別れと言うか、納骨をこの目でしっかりとみとどけたかってけれど、

諦めることにしました。私はまだ彼側の親戚の方々がほとんどわからないのです。

結婚をして時に、親族同士の顔合わせをしなかったので、今となって後悔しても遅いですね。


ネコズは私に気を使ってか、とてもお利口にしていてくれています。

ネコズにまで気を使わせてしまう私って一体何なんだろう って考えていますまいね。

明日も午後から旦那さんもところに、私の心を落ち着からるために行って来ます。

変われるものなら変わってあげたいけれど、こればっかりは無理なので、

一日も早く体調が落ち着いて、小腸まで入れてある管が抜けることを祈ります。









[PR]
by morukatura | 2016-02-11 21:11 | 日常 | Comments(0)

義母の事

遡ること、土曜日。

休日出勤の旦那さんから突然電話があり、

「義母の様子がおかしいと兄貴から電話があったからすぐに施設に行ってくれ」と

お昼過ぎに行く予定だったのを慌てて準備をして施設に走る。

数日前から背中が痛いと言っていたがどうにもこうにもならなくて

病院に連れて行ってほしいとのこと。

施設は病院と併設していないので診察が出来ないのです。

遅れてやってきた義兄と一緒に介護タクシーで先日まで入院していた病院へ

土曜日ということもあって介護タクシーがなかなか取れず診察ギリギリセーフに

前もって予約はしてあったので良かったけれど、もし連絡していなかったら

また救急搬送されるところでした。

結果は胸椎の2番目と5番目の骨折で、約一ヶ月の入院です。

前回は大腿部の骨折で入院したのですが、経過もよく施設への転院もできたのに

あとあとになって聞いているとどうも入院しているときに背中と腰を痛めているらしいとのこと。

私も義兄も初めて聞きました。

足のリハビリだけだったのに、

途中から曲がった腰を伸ばすためのリハビリもしたらしいのです。

93才になる義母です。誰もそんなことを頼んでいません。

入院中、途中から義母はよく背中と腰が痛いと言っていました。

そして突然、コルセットをするように言われました。

私は不思議でしたが、これも治療の一環なんだろうなぁ~って軽く考えていましたが

今、思えば医療過誤だったのだと思います。

後になって、「実は入院中に腰を痛めているんです。」というのが良い証拠です。

おかげで今は寝たきりになってしまいました。

施設では、自分で車いすを押して移動も出来ていたのに。

今回の事は、私も旦那さんも義兄も納得がいきません。

これからどうなるのかしばらく様子を見ることにしています。

とは言っても、今の私の体調で、正直言って毎日病院行くのはちょっと辛いです。

でも、30分でもいいから行ってこようと思います。

こんな私でも義母は毎日待ってくれているんです。

私を必要としてくれる。それだけでとても嬉しいんです。







[PR]
by morukatura | 2015-03-03 23:15 | 未分類 | Comments(0)

固定器具が外れた

固定してあった装具も包帯も外れました。

あとは、リハビリを頑張ってするだけ

まだ痛みはとれないけれど、頑張ります。


[PR]
by morukatura | 2012-11-20 02:10 | 病気 | Comments(0)

管が取れた

昨日は、入れてあった管を抜いてもらいました。

ドラえもんの手も少し小さくなりました。

後は、リハビリを頑張ってしないといけない。

速くニャンズに会いたいです。

リハビリを頑張って、

一日でも早く帰ることできるといいな!


[PR]
by morukatura | 2012-11-19 02:12 | 病気 | Comments(0)

手術が終わった

手術も無事に終わりました。

あとは、リハビリをしっかり頑張ってしないと。

ニャンズがどうしているか気になるけど

まずは自分の身体を治さないと!






[PR]
by morukatura | 2012-11-17 02:14 | 病気 | Comments(0)

リズボク


d0358843_02370264.jpg

d0358843_02370212.jpg

d0358843_02370333.jpg


今日のリズボクレッスンはついていくだけで精一杯でした。

でも、何とか出来たので、頑張った自分に拍手です。

ただ、その後ダメ出しが出たので少し凹みました。

木曜日から入院をするので、

来週の火曜日が今月て最後のレッスンになるかも・・・・・

次のレッスンはだいぶ先に進んでいるはずなので、

今度こそついて行く事が出来るか不安です。

でも、きっとなんとかなると思います。

私、リズボクに関しては何故か前向きになれるのです。

今はリズボクの為に仕事をしていると言ってもいいくらいです。

[PR]
by morukatura | 2012-11-10 02:36 | 日常 | Comments(0)

無題

d0358843_02292095.jpg

d0358843_02292051.jpg

d0358843_02292059.jpg

d0358843_02292132.jpg

d0358843_02292170.jpg


何もしないうちに週末が終わってしまいました。

来週は、友人の家に遊びに行くので、楽しい週末になりそうです。

一週間があっと言う間に過ぎて、来週には入院・手術が待っています。

入院・手術はこれまでも何度も経験をしているので不安はないけれど、

今回は不安だらけです。それはニャンズの事。

夫も事も気になるけれど、それは何とかなると思う


私がいないと不安がる仔がいるので、それがとても気かがりです。

一日一回は私にべったり甘えないときが済まないふぅちゃん。

大丈夫かな?今日も何かを悟ってか、いつも以上にべったり

テツ君も何故か私のそばばかりに来る。

そして、何もしていないのに、時々噛みつく。

きっと何かを感じているのだと思う。

動物の感ってきっと人間が想像する以上にすごいんだと思う。



明日からまた一週間が始まる。

11月は3時まで勤務になりました。

私の病状の症状が悪化したからです。

良くなっていたのに、また逆戻りです。

今の職場にいる限り、私の心の病は治る事はないだろう。

悪くなっても良くなる事は決してないと自信を持って言えるのが不思議です。






[PR]
by morukatura | 2012-11-04 02:28 | 病気 | Comments(0)

夫の入院

d0358843_01130410.jpg


d0358843_01130466.jpg


d0358843_01130585.jpg

今日は、夫が一泊2日の入院・手術をする日でした。

夫は左腎臓に2~3個の結石を持っている。

先月、その石が動き、とても痛い思いをしてた。

それから通院をし、薬を飲みながら石が出てくるのを待っていた。

ところが、石はいっこうに出てくる気配はないし、移動するような気配もない。


d0358843_01130522.jpg


d0358843_01130586.jpg


d0358843_01130592.jpg


一ヵ月間、薬で様子を見ていましたが、このままでは良くないと判断した医師が、

破砕をして出やすいようにしましょう。と、言うことで一泊2日入院になったのでした。

ところが、入院受付を済まし、外来で、入院前にもう一度、石の位置の確認をするために

レントゲンを撮りに行きました。

一度目のレントゲンでは、石がうまく撮れていなかった様で、2回目を撮ることになりました。

ところが、あるはずの石がレントゲンに撮れていなかったのでした。

入院手続きを済ませ、待つこと約3時間、結果的に石が見つからなかったので、

破砕手術は出来ないということになり、病院を後にして帰宅することになりました。

途中、せっかく出てきたのだからと、食事をし、

前から私か行きたかったところを数か所を行き、自宅に戻りました。

夫は、拍子抜けをしたようで、しばらく時間をもてあましていました。




[PR]
by morukatura | 2010-11-30 01:11 | 未分類 | Comments(0)

義母の入院

仕事中に夫から電話がありました。メールではなく電話です。
夫から日中、携帯に電話が入る事は滅多にありません。
あるとすれば、職場の夫の使っているパソコンの調子が悪いとか、
画像の修正が出来ないとか、ほとんどがPCに関することばかり。

職場にPC担当の人はいるけれど、年下の人に聞くのは恥ずかしい様で、
こっそりトイレから電話をしてきます。
確かに携帯は便利ですが、PCが不調の時は画面を見ながら操作をしないと
全くわかりません。(夫よごめん暴露してしまった)

なので、電話がかかったときもまた~ と思いました。
ところが妙に神妙な声で、「ばぁさんが~」と言うから
一瞬ドギッとして「何」と聞いたら「骨折で入院」をしたと言う。
どうも、自分が病院にいけないからかわり行ってくれということらしい。

今日は、午後は法律相談で、夜は春闘の集会。(前から話してある)
両方とも主催側で抜けるわけには行かない。
遅くなっても行くからと言い、電話を切った。

義母は今年86歳。何があってもおかしくない歳です。義兄と一緒に生活しています。
去年まで、ご飯の用意もしていましたが、背中を痛めてからはしていません。

家の中で転んだらしく、左大腿部の内側を骨折したようです。
夜、病院へ行ったら点滴をしながら横になっていましたが、
話す口調はいつもの義母でした。
手術は出来ないので、安静にして折れた箇所が固定するのを待つようです。
座薬も効いているようで痛みも少しは楽だと言ってました。
少し安心しました。

明日は車椅子に乗る練習をするそうです。
座薬を使うので、痛みは和らげるそうですが、早め早めにリハビリをしないと
筋肉が固まり、今まで出来たことか出来なくなるそうです。
寝たきりになるのはあっという間です。何とかそれを防ぐようにしなければ
本人も周りの家族も大変です。
祖母の時、身にしみて感じました。
祖母は病院に入っていましたし、私がお手伝いをしたのは週末だけですが、それでも大変だと思いました。
今みたいに専門の施設があるわけでもなく、専門の介護士がいるわけでもなく
お世話されている方は本当に大変だったと思います。

義母の入院は1週間程だそうです。
そのあとは施設に移るそうですが、今からその施設を探さなければなりません。
一週間で見つかるかどうかはわかりませんが探さないといけません。
それは義兄と夫に任せることにして、私は病院に通います。
嬉しいことに義母も待っていてくれます。
こんな嫁でも頼りにしてくれています。ありがたいです。

我が家に来て間もない頃のふぅちゃんです。
カメラ目線です

d0358843_20302181.jpg



[PR]
by morukatura | 2009-03-18 20:28 | 日常 | Comments(0)

私の日記


by Karin*
プロフィールを見る
画像一覧