タグ:お墓 ( 4 ) タグの人気記事

墓参り

昨日は私の誕生日でした。


春分の日生まれの私はいつも家族から誕生日を忘れられていました。


いつからだろうか、翌日の22日がちょうど2歳下の双子の妹の誕生日で、


私の誕生日が祝日なので、お友達を招いて誕生会を開くようになり、


そのケーキを私が買いに行くようになったのは。


特に閏年の年は、春分の日が誕生日と覚えている友人からは


日にちを20日と間違えられるこも多くありました(笑)



昨日は春のお彼岸の初日。毎年恒例の誕生日参りです。


大好きな父と祖母が眠るお墓にお参りに行ってきました。


お墓は数年前にお墓の土地の持ち主の都合で移転になり、


墓地公園になったので、車椅子の私でも行けるのなったのですが、


何となくその姿を大好きな父と祖母に見せることに抵抗があり、


頑張って杖をつきながら行っていました。(何でかな?)


でも、さすがに今年は杖では無理だったので、初めて車椅子でお参りをしました。


その姿を付き添ってくれた旦那さんが写真を撮っておいてくれました。


よくお墓の写真は撮るべきではないと言う人はいますが、


私は何の抵抗もこだわりを持ってはいません。


正直に言えば、何が駄目なのかわからないのです。


むしろ、大好きな人が眠っている場所なので一緒に撮ってもらって嬉しく思ったくらいです。


私は、結婚をして今の姓に変わりましたが、


ずっと大好きな父と祖母が眠っているお墓は守っていくつもりです。


車椅子になったとき、墓仕舞いも考えましたが、それはもう少し後にすることにします。


本当は、私も一緒に入りたいので、


旦那さんには、もし私が先に逝くことがあったら


一部でいいから大好きな場所に入れて下さいと頼んであります。そして封印して下さいと。


姪が子供の頃に、同じことを頼んでおいたけれど、きっともう忘れていると思います。


私が年に数回墓参りをする日は、私の気持ちを表すかの様に、


必ずと言っていいくらい雨が降ります。


父が亡くなった時は昭和60年の豪雪で電車もバスも公共交通機関は全て止まった日でした。


祖母が亡くなった日は突然の暴風雨で、病院から危篤の電話を受けて、


急いで病院に向かいましたが、朝の5時ではタクシーもバスもありませんでした。


当時は、すでに一人暮らしをしていましたが、運転免許は持っておらず、


一時間以上かけて泣きながら病院に向かって走って行きました。


30年も過ぎた今でもはっきり覚えています。


途中でタクシーに合いましたが濡れている私を乗せてくれる車は一台もありませんでした。


一年で大好きな父と祖母の二人を亡くしました。


納骨に行った際、東別院の方が一年で二人を見送る、


こんな不幸な事はないと仰った事を今でもはっきりと覚えています。


あれからずっと私の心の時計の一部は止まったまま。


いつか、大好きな父と祖母に会えたら、止まった心の時計は動くようになるのかな?


昨日はそんなことをずっと考えました。


21日は、義父と私がお父さんと慕った方の月命日です。


義父のお墓にも行ってきました。


義父は私が初めてお会いした頃にはもう認知症を発症していましたが、


不思議なくらい相性が合いました。


義母がよくこんなボケたじいさんと上手いこと会話しとる~と笑っていました。


大好きな義父も義母も亡くなりましたが、楽しかった想い出はたくさんあります。


21日と言う日が来るといつも同じことを事を思います。






[PR]
by morukatura | 2018-03-22 10:39 | 日常 | Comments(0)

墓掃除

d0358843_00452849.jpg


ケージの中でお昼の中の隼人君です


d0358843_00452901.jpg


椅子の上のニャンモナイトテツ君です


d0358843_00452999.jpg


お手入れ準備用意


d0358843_00452948.jpg


長い舌を出してとても入念に


d0358843_00452951.jpg


さらに入念に


d0358843_00452923.jpg


もっと入念に


d0358843_00452979.jpg


目がちょっと怖いです


d0358843_00452974.jpg


お手入れ終了です


d0358843_00453098.jpg


一番涼しい場所で冬馬君も


d0358843_00461180.jpg


入念に


d0358843_00461123.jpg


それは入念に


d0358843_00461103.jpg


お手入れ中です。


d0358843_00461128.jpg


毛づくろいも終わり、あとはナマコになる冬馬君です


d0358843_00461165.jpg


虎太朗君です


d0358843_00461217.jpg


テツ君です



今日は、外の温度がとても涼しい一日でした。

散歩も、今日は午後から墓掃除を行く事もあったので、午前中に行きました。

久しぶりの午前中の散歩でしたが、思っていた以上に人は少なく、

安心して、ゆっくり散歩をする事か出来ました。

そして、最近は出来なかった川下りも出来たので、少しは気分が良かったです

明日も川下りがで来ればいいけれど、その日の川の水の量によって

出来たり、出来なかったりするので、出来た日は本当に気分が晴れ晴れします。


午後からお墓の片付けけに行ってきました。

綺麗に片付いているお墓や、まだそうでもないお墓もありました。

お盆がいつまではかわかりませんが、私の先祖の眠るお墓は

約数十年前に墓地公園にしたので、お盆も3日間だけ、お供え物が出来ます。

そして、その3日間を過ぎると、各自で供え物を片づけなければなりません。

私は、まだ近くにお墓があるので、いいのですが、そうでない方はどうするの出だろう

と、考えてしまいました。

我が家(私のは旧姓)の墓も私の代で終わりをつげようとしています。

私は大好きなパパやおばあ様が入っている墓なので私も入りたいのですが、

嫁に言った者は、ダメだというので残念でたまりません。

今のお墓に関しては、私が墓守をしていますが、

私がいなくなればきっと無縁仏になるのだと思います。

お墓にいく度に考えさせられる事です。

後、何歳、何年、墓守を出来るがうかは、わかりませんが、

私が、生きている以上はきちんと守っていきたいと思います。











[PR]
by morukatura | 2011-08-16 00:44 | 未分類 | Comments(0)

体調不良は続く

d0358843_00115537.jpg



朝、私が目覚めると必ず私の背中に乗ってくるフぅちゃんです


我が家に来た頃、よく胸の上にのせて寝かせていた事を覚えているのか


私が横になると必ず私の身体の上に乗ってきます。

d0358843_00115643.jpg


何か入っているみたなでかいお腹です


d0358843_00115631.jpg



ブルーの瞳が綺麗な隼人と君です


d0358843_00115639.jpg


背中になまっすぐ黒い線が入っているテツ君の後ろ姿です


d0358843_00115637.jpg


収納ボックスに入ってご満悦の冬馬君です


d0358843_00115659.jpg


今日もいつもの場所でたそがれる姫ちゃんです


d0358843_00115677.jpg


セナ君もたそがれています?


d0358843_00115702.jpg


4匹一緒の珍しい写真です


d0358843_00115744.jpg

爪とぎハウスの上でお休み中の隼人君です





今日から一週間が始まって、夫はいつも通りに仕事に出かけたいきました。

私と言えば、少し体調不良がまだ少しの残っているようで、

洗濯・掃除を終えてから少しに横になっていました。

宅配便の呼び鈴でめが覚めた時、外は雨が降ってました。

ほんの30分、横になっていただけで、外の天気は雨に変わっていました。

慌てて、洗濯物を中に取りこんで、風の良く通る、玄関近くの部屋に移しました。

一時間も雨は降っていませんでしたから、何となく中途半端な雨だったようで、

余計に蒸し暑く、じとっとした気分なりました。

明日は、お墓の片づけに行かなければなりません。

それ自体は何も苦にはなりませんが、だだこれまでずっと気になっている事があって。

それが一番引っかかっていて、お墓に行くたびに複雑な気分になるのです。

夫は「もう少し大人になれ」といますが、どうしてもなれない自分がいて、

かと言って、自分の気持を話す事も出来ず、毎年お墓に行くたびに悶々としています。

「大人になれ」って簡単に言うけれど、なれないから悩み苦しむのです。

「大人だけど、大人になれない私」いつまでこの悶々とした気持は続くのだろう。

きっと私が亡くならない限り、永遠にこの気持はおさまる事はないと思います。






[PR]
by morukatura | 2011-08-15 00:10 | 日常 | Comments(0)

墓参り

d0358843_23554497.jpg


パパの部屋の前でドアが開くのを待つ、姫ちゃんとセナ君です


d0358843_23554456.jpg


棚の下のセナ君のお気に入り場所です


d0358843_23554457.jpg


暖ボールハウスに隠れる冬馬くです


d0358843_23554536.jpg


冬馬君をいじめるので、少し段ボールハウスをずらしました


d0358843_23554580.jpg


少しだけ男前のテツ君


d0358843_23554547.jpg


一点を見つめるテツ君


d0358843_23554563.jpg


ふぅちゃん、伸びてます


d0358843_23554529.jpg


食事中のセナ君です。フワフワモコモコです


d0358843_23554523.jpg


窓際で涼を取る虎太朗君


d0358843_23565242.jpg


セナ君も窓際で涼を取っています


d0358843_23565221.jpg


小物入れの上に乗ってくつろぐ隼人君


d0358843_23565227.jpg


玄関でくつろぐ姫ちゃん


d0358843_23565236.jpg


石板の上でくつろぐ隼人君


d0358843_23565234.jpg


パパの部屋の前でドアが開くのをひたすらっているふぅちやんです


d0358843_23565349.jpg


カメさんのケージの後ろに隠れる虎太朗君




今日は、夫と一緒に私の先祖の墓参りと、夫の先祖の墓参りに行って来ました。

今日からお盆休みとと言う方は結構多いと思いますが、

我が家の夫の職場はお盆休みと言うのはないので、今日の墓参りとなりました。

夫の職場は、お盆というのは関係がなく、

7月~9月の間で5日の夏季休暇を取る事になっています。

私の職場は、13日~16日までがお盆休みとなりますが、

私は現在、休職中なのでお盆休みに関係なく、ずっと復帰するまでお休み中です。

だから、私は休みでも夫は15日から普段通りに仕事に出かけます。

休みを取って、どこかに出かけようかと言ってくれますが、

家の中にいるのが一番安心出来るので、たぶんどこにも出かけないと思います。

体調の方は、随分と良くなりましたが、精神的なものは毎日がバラバラで、

自分でもわかるのですが、とても調子の良い日と、全くダメに日があります。

最近は、その間隔というのか、タイミングが少しだけわかるようになりました。

あの日から一年、あっという間の一年でもあり、やっと一年と言う思いも。

夫曰く、一年前の私から見るとだいぶ変わったと言います。

病院だって通っているし、薬もきちんと一日も欠かさず飲んでいるから、

いつまで、薬を飲んだり、通院するのかは分らないけれど、

きちんと、治したいから、頑張らないけれど、頑張るつもりです。

復帰がいつになるかまだ、わからないけれど、

いつでも復帰が出来るように少しずつでいいから強くなりたいと思っています。

でも、まだ金沢の職場の近くには全くいけない私です。

そんなんで、本当に復帰が出来るのだろうかという不安も。

でも、今は復帰を目指しての休職だから、のんびりとデーンて構えて、

焦らず、少しずつ、金沢の職場に近づけるように、

夫に協力してもらいながら、乗り越えていきたいと思っています。

でも、あくまでも願望であり、現実は厳しいと夫は言います。

だからこそ、休職の中で少しでも精神的に強くなれる様になりたいと思うです。

でも、どうしたらなれるのかがまだわからないので、不安だらけの毎日です。


















[PR]
by morukatura | 2011-08-13 23:54 | 未分類 | Comments(0)

私の日記


by Karin*
プロフィールを見る
画像一覧