カテゴリ:モルモット( 21 )

KOHARU

d0358843_16200149.jpg


写真を整理していたら、懐かしい写真が出てきました。

モルのKOHARUです。

女の子だと言われたのでお迎えをしたら、本当は男の子だった。

なので、名前が女の子っぽくなったのでローマ字にした。

モルとまた生活をしたいけれど、今はまだ夫の許可が出ないので無理。

だから写真を眺めて、我慢しています。


[PR]
by morukatura | 2013-01-24 16:18 | モルモット | Comments(0)

無題

d0358843_20322683.jpg



d0358843_20322622.jpg



d0358843_20322748.jpg



d0358843_20322753.jpg



d0358843_20322754.jpg



d0358843_20322755.jpg

今日は、一日中何かトタドタ・バタバタしていたので、

ニャンズの写真を一枚も撮る事が出来ませんでした。

なので今日は、今は虹の橋渡ってしまって小さな天使達の写真使う事しました。


朝から月一度のいつもの脳外科の診察に出かけ、

この間に起こった出来事を細かく話し、

これからの治療方法について説明を受け、

薬の内容も少し変えて、しばらく様子を見る事になりました。

新しい薬が上手く効いてくれると良いなぁ・・・・・・・って思います。


それから、病院から帰った後は、お昼ごはんを食べて、

りズミックボクシングの午後のコースに出かけました。

今日で、2回目になりますが、何とかついて行くのに必死、

でも、何とか楽しくやっているので、このまま続け事が出来ると思いました。

懐かしい人とも出会い、今日は、少し、充実した一日でした。

明日も、体調が良かったら、午後からの教室に行こうと思います。


[PR]
by morukatura | 2012-05-26 20:31 | モルモット | Comments(0)

KOHARU

d0358843_20135379.jpg




d0358843_20135442.jpg




d0358843_20135451.jpg





昨日は、モルのKOHARU(通称こはちゃん)の命日でした。

こはちゃんが亡くなって何年が過ぎたのだろう。

心臓が悪くて、何度も危ない橋を渡りそうになったけれど、

お薬も効いて、嫌がることもなくちゃんと飲んでくれて、

本当にかけがえのない子でした。

お店の人に女の子だと聞いていたので、小春とつけたのに、

本当は男の子だとわかったので、途中からKOHARUと変えました。

亡くなる時も、数日前からもう難しいと言われていたのに、

ずっと頑張っていてくれて、最期は私の帰りを待ってくれて、

私の腕の中で静かに眠りにつきました。

私にモルモットの賢さを教えてくれたのはこはちゃんでした。

また、こはちゃんと暮らしたいと願っているけれど、

まだ、私の前に姿を現してはくれません。

どんな形で生まれ変わってもきっと私の事に来てくれるとずっと信じています。

いつかきっと私の元に帰ってきてくれると信じています。






[PR]
by morukatura | 2011-04-01 20:12 | モルモット | Comments(0)

くぅちゃん虹の橋へ

d0358843_21572683.jpg


不正咬合の手術をしてから約2ヶ月、強制給餌を続けてきました。

良くなったり、悪くなったり、甘え癖もついたり

お世話事態は大変じゃなかったけど、良くなるって信じていたからさみしい気持ちが消えません。

一番多い時で我が家には11匹のモルモットがいました。


くうちゃん、みんなに会えたかな。

今度、生まれ変わってきても必ず一緒に暮らそうね。




[PR]
by morukatura | 2010-08-28 21:56 | モルモット | Comments(0)

強制給餌


d0358843_21070848.jpg

不正咬合の手術をして一ヵ月以上過ぎたけど、

未だに自力でご飯を食べることが出来ないクゥちゃん

本当は、とっくに食べることが出来るのに、

甘え癖がついてしまったみたい。


[PR]
by morukatura | 2010-08-10 21:06 | モルモット | Comments(0)

保冷剤はじめました

d0358843_20212297.jpg

d0358843_20212164.jpg

d0358843_20212282.jpg


涼しいところを探して移動できるにゃんずとは違い、

ケージの中で生活をしているモルのくぅちゃん。

この数日、私の住む地域でも日中の気温がぐんぐん上がり、

にゃんずも人間も少々バテ気味

そこで、毎年恒例の保冷剤を使うことにしました。

我が家は後ろが川ということもあって、日中でもけっこう涼しい風が通りますので、

よほどのことがない限りエアコンが稼動することはありません。

夜も窓を開けて寝ますので、今年に入ってから冬以外で何回稼動したのかな? 数回です。

夏に限って言えば、インテリア状態で、冬はフル稼動です。


くぅちゃん、冷やっこいのがわかるみたいで、保冷剤を入れるとすぐに上に乗りました。


丸太ハウスの中でお食事中です。大好物のセリを食べています。


ペレットも食べに出てきました。

どのくらいもつのかわかりませんが、私が家に帰るまでは大丈夫だと思います。



[PR]
by morukatura | 2009-07-15 20:20 | モルモット | Comments(0)

一人でご飯

我が家で一人になってしまったモルのくうちゃん。
不正咬合で治療を続けていましたが、今後のこともあり、8日に手術をしました。
手術は無事に終了をしましたが、術後の痛みから全くご飯を食べなくなってしまいました。

私も顎関節症の手術を2回経験していますので、くぅちゃんの痛みは理解できます。
人間も術後は流動食から始まり、数日後はきざみ食、軟食、その後、普通食となります。

人間の場合、最悪の場合でも、輸液というものがありますが、モルには無理です。
そこで、強制給餌をというものを行うわけです。

くぅちゃんの場合は、4時間おきに給餌をする事にしました。

最初は口を開けるのも痛みから嫌がっていましたが、だからといって止める事は出来ません。
食べなければ、命が危なくなるのですから。
強制給餌と言うのは字のごとく、強制なんです。


くぅちゃんをタオルでぐるぐる巻きにして、身動きが出来ない様に固定をし、
1ccのシリンジで流動食をゆっくり口の中に入れていきます。
どちらかというと、流している様な感じかもしれません。

多いときで7~8cc、少なくても5ccは飲んでもらいました。
始めは最大限の抵抗をしましたが、そのうち諦めたのか上手に飲んでくれるようになりました。
お蔭様で、術後一気に落ちた体重も、ほぼ一定を保つことが出来ました。


強制給餌も大分なれた頃、今度は「自分で食べる」と言う意志を出す様になりました。
それでもなかなか上手くはいきませんでしたので、強制給餌と合わせて様子を見ることに。

それが今日、やっと自分の口でペレットを食べることが出来ました。
齧る程度ですが、それでも自分からペレットを口にしたことはなによりです。

その後は水も上手にボトルケージから飲みましたし、冷蔵庫を開ける音にも反応をし、夕方には大好物のセリの葉だけですが食べる事も出来ました。
すごい進歩です。ここまでくれば少し安心です。


くぅちゃんの不正咬合は、今回の手術で完治をしたわけではありません。
しかし、口の中の状態や、顎の状態が理解出来ればこれからの治療にも役立てます。

不正咬合は長いお付き合いになります。
私は、とても良い獣医師さんにめぐり会えていますので、これから先も心配はしていません。
後は、くぅちゃんが少しでもご機嫌さんで、この先も過ごす事が出来るように、
お手伝いが出来ればそれで十分です。

くぅちゃんの痛みが少しでも減って、いつもご機嫌さんでいられます様に・・・・・



[PR]
by morukatura | 2009-05-18 13:54 | モルモット | Comments(0)

猫草

久しぶりに花屋さんで猫草を購入しました。

我が家は生牧草のお取り寄せをよくしていましたが、

クーちゃんが一人になった事、

クーちゃん自身が余り生牧草を食べなくなった事もあり、

お取り寄せをしなくなりました。

クーちゃんは野菜も余り食べません。乾燥牧草がメインの食事です。

にゃんずはクーちゃんの乾燥牧草も食べますが、やっぱり生の草も必要

ちょうど買い物に行ったスーパーの横の花屋さんに一つだけ猫草があったので

3日間 寂しい思いをさせたのでお詫びのつもりで購入して帰りました。

私が夕飯の準備をしている間 夫がにゃんずにあげていました。










[PR]
by morukatura | 2009-04-21 08:25 | モルモット | Comments(0)

くーちゃん御殿

d0358843_02273271.jpg

d0358843_02272987.jpg

桃香が虹の橋を渡って、サークルの中はくーちゃん一人

広いサークルの中でくーちゃんは何の疑問もなく、毎日運動会に励む

すると、にゃんずが興味津々で近づいてきて、くーちゃんにちょっかいを出す。

桃香がいるときはそんなことはなかったが、くーちゃんが独りになった途端

なぜかちょっかいを出すようになってしまった。

サークルには、にゃんずの手が入らないようにしてあるし、

見ていると、いたずらをしているわけではないけれど、何となく心配。

なので、思い切ってケージを購入することにしました。

家にケージがないわけじゃないけれど、高さがみんな低い。

出来れば高さがあるほうがいい。

いろいろ探して納得のいくものが見つかりました。

組み立てするのに少し時間がかかりましたが、無事に完成










[PR]
by morukatura | 2009-04-09 01:30 | モルモット | Comments(0)

想い

日曜日、クーちゃんの治療のため、午前中病院へ行き、オーちゃんが亡くなった事を伝えました。
私も先生もお腹に爆弾を抱えている桃香の方が先だと思っていたので、
突然のオーちゃんの死は本当にびっくりされていました。今でも信じられません。

4歳という年齢から言えば、寿命だと言う人もいます。
でも、寿命という言葉で簡単に割り切ることが私には出来ません。

何匹もモルを見送ってきましたが、いつも思うことは、
これまでのお世話の仕方がこれで本当に良かったのか
病気になった時、そうじゃない時、本当にこれでよかったのか、
それともまだ別の方法はあったんじゃないのか と、いつも自問自答を繰り返しています。


別れは淋しいけれど、出会えて良かった、他の誰でもなく、お世話出来たのが私で良かった 
それもいつも思うことで、はっきり私が言葉にして言える事です。

私はお世話をするのではなく、お世話をさせていただいていると思っています。
いろんな出会いの中から、私を選んでくれたわけではないと思いますが、
私のそばで一緒に生活をしてくれました。
だから、旅立ちは哀しいけれど、今まで一緒に居られたから感謝しないといけません。

オーちゃん、今まで楽しい時間をにありがとう。
また、一緒に暮らそうね。
それまで、ゆっくりおやすみ

オーちゃんはいつも何かの要求があると
サークルの金網を齧って私を呼びつけました。
こんな事をしているから歯がおかしくなったと思いますが、
歯の調子が悪くなっても止める事はありませんでした。
亡くなる前日も同じ事をしていました。

[PR]
by morukatura | 2009-03-16 00:11 | モルモット | Comments(0)

私の日記


by Karin*
プロフィールを見る
画像一覧