人気ブログランキング |

カテゴリ:日常( 565 )

いろんなことがありすぎて

ずっと日記を更新出来ずにいました。

いろんなことがありすぎて、頭の中がパニックになりそうです。

一つずつ解決をしていかなければならないけれど、

私にはなかなか難しいようです。

信じていた人に裏切られました。

私はなぜかいつも利用されるばかりの人生だったようです。

情にもろいところが原因だと夫は言います。

優しすぎることが原因だと。

優しすぎるから、相手の事を一番に考えすぎるから貴女は傷つくのだと。

もう少しずるく生きてもいいんじゃないかと。


小さいころから大人(親)の顔色ばかりを気にしていたから

今更感情を表に出すことはできないのです。

常に嫌われないように。嫌われないようにと。

でもね、正直疲れてきています。

自分のありのままの姿を私自身が知らないなんて。

いつまで仮面をかぶって生きていけばいいですか。

私にだって感情があります。起こりたいときもあります。

でも、出来ないんです。怖いんです。

一人になることが怖いわけじゃない。でも怖いんです。

私の存在自身が私を認めていないから。

悲しい生き方だと思います。

でも、そうしないと生きていけないんです。

それが私なんです。






by morukatura | 2019-05-27 14:23 | 日常

10月になりました

10月に入って今日は2日目

毎週火曜日の週一点滴に行ってきました。

台風の影響で、体の痛みは半端ないくらい強烈です。

点滴を受けて自宅に戻って横になっていましたが、

数時間経っただけで、痛みは元に戻ってしまいました。

来週の点滴までどうしたものか・・・・・

あとはいつものお薬と予備でもらっている薬を追加で飲んで様子を見るしかない。

日中はまだ気温も上がって暑いかな?~と思う日はあるけれど、

朝晩の気温は涼しいを通り超えて寒いと思える日もある。

冷えは大敵なので、しっかり体を温めて休みます。

明日はお天気も良いそうなので、少しは体も楽に過ごせるかな・・・・・




d0358843_21264887.jpg



by morukatura | 2018-10-02 23:13 | 日常

墓参り

昨日は私の誕生日でした。


春分の日生まれの私はいつも家族から誕生日を忘れられていました。


いつからだろうか、翌日の22日がちょうど2歳下の双子の妹の誕生日で、


私の誕生日が祝日なので、お友達を招いて誕生会を開くようになり、


そのケーキを私が買いに行くようになったのは。


特に閏年の年は、春分の日が誕生日と覚えている友人からは


日にちを20日と間違えられるこも多くありました(笑)



昨日は春のお彼岸の初日。毎年恒例の誕生日参りです。


大好きな父と祖母が眠るお墓にお参りに行ってきました。


お墓は数年前にお墓の土地の持ち主の都合で移転になり、


墓地公園になったので、車椅子の私でも行けるのなったのですが、


何となくその姿を大好きな父と祖母に見せることに抵抗があり、


頑張って杖をつきながら行っていました。(何でかな?)


でも、さすがに今年は杖では無理だったので、初めて車椅子でお参りをしました。


その姿を付き添ってくれた旦那さんが写真を撮っておいてくれました。


よくお墓の写真は撮るべきではないと言う人はいますが、


私は何の抵抗もこだわりを持ってはいません。


正直に言えば、何が駄目なのかわからないのです。


むしろ、大好きな人が眠っている場所なので一緒に撮ってもらって嬉しく思ったくらいです。


私は、結婚をして今の姓に変わりましたが、


ずっと大好きな父と祖母が眠っているお墓は守っていくつもりです。


車椅子になったとき、墓仕舞いも考えましたが、それはもう少し後にすることにします。


本当は、私も一緒に入りたいので、


旦那さんには、もし私が先に逝くことがあったら


一部でいいから大好きな場所に入れて下さいと頼んであります。そして封印して下さいと。


姪が子供の頃に、同じことを頼んでおいたけれど、きっともう忘れていると思います。


私が年に数回墓参りをする日は、私の気持ちを表すかの様に、


必ずと言っていいくらい雨が降ります。


父が亡くなった時は昭和60年の豪雪で電車もバスも公共交通機関は全て止まった日でした。


祖母が亡くなった日は突然の暴風雨で、病院から危篤の電話を受けて、


急いで病院に向かいましたが、朝の5時ではタクシーもバスもありませんでした。


当時は、すでに一人暮らしをしていましたが、運転免許は持っておらず、


一時間以上かけて泣きながら病院に向かって走って行きました。


30年も過ぎた今でもはっきり覚えています。


途中でタクシーに合いましたが濡れている私を乗せてくれる車は一台もありませんでした。


一年で大好きな父と祖母の二人を亡くしました。


納骨に行った際、東別院の方が一年で二人を見送る、


こんな不幸な事はないと仰った事を今でもはっきりと覚えています。


あれからずっと私の心の時計の一部は止まったまま。


いつか、大好きな父と祖母に会えたら、止まった心の時計は動くようになるのかな?


昨日はそんなことをずっと考えました。


21日は、義父と私がお父さんと慕った方の月命日です。


義父のお墓にも行ってきました。


義父は私が初めてお会いした頃にはもう認知症を発症していましたが、


不思議なくらい相性が合いました。


義母がよくこんなボケたじいさんと上手いこと会話しとる~と笑っていました。


大好きな義父も義母も亡くなりましたが、楽しかった想い出はたくさんあります。


21日と言う日が来るといつも同じことを事を思います。






by morukatura | 2018-03-22 10:39 | 日常

風邪?をひいていまった

滅多に風の引かない私が、夕べ39.8℃の熱を出しました。


夏の扇風機やクーラーにあって風邪をひくことが数年に一度あるかないか。


平熱35℃もない私が39.8℃も出したので、当然旦那さんはオロオロになって、


救急車を呼ぶかとという話にまでなりましたが、熱冷まシートをおでこに入って唸っていました。


全身の痛み、特に関節の痛みが激しく、とても辛い思いをしました。


そばで見ていた旦那さんもさぞかし辛かったと思います。


夜間の病院に電話をしてみましたが、


もしインフルエンザだとしても病院は終わっているので検査は出来ないので、


朝まで様子見て下さいとのこと。


私は過去にインプルエンザの予防接種を受けて、


アナフィラキシーショックを起こした事があるので予防接種が出来ないのです。


午前1時過ぎに熱はなんとか37.8℃に下がったので、少しは楽になりました。


今は36.5℃です。普通の人ならそれが平熱だと思いますが、


平年が33~34℃の私にとってはしても考えられない状態でした。


今日も一日大人しく、ベットと仲良く過ごしたいと思います







by morukatura | 2017-12-14 09:53 | 日常

悲しくて

今まで、人の優しさに感謝しながら生きていました。



しかし、世の中には、優しさという仮面をかぶりながら、


うまくその心の中に入っている人がいることも知りました。




喧嘩とというものは、お互いに何らかの責任があると思っていました。


(あくまでも私の中の思いです)



私の猫に対する想いを知っていたからか、


自ら私に嫌われていると風潮しながらも近づいてきたことを、


昨日、友人が教えてくれました。初めて知りました。


私はその当時、風潮していたその方のことを、


その時点では全く知りませんでしたので、


嫌うことすらしていませんでした。


第一、その方の事は顔を見ることはあっても、


お話をしたこともなく、全く存じあげていませんでしたから、


嫌いという認識すらありませんでした。





喧嘩をした後もずっと気にかけて、何度も謝りましたがもう忘れることにします。



今年に入ってからもずっと気になって、尾を引いていましたが、


その方から、もう縁がなくなった方とお話しする必要はないという手紙が届きましたので、


これを機に気に掛ける事を止めることにします。



本来ならこういう記事はここに記しべきではないと思いましたが、


記憶として、記録として、そして自分へ戒めとして書くことにしました。





今まで、悪意に満ちた人が存することは私の担当医から知らさせていました。


以前の職場の一部の人がそうでした。人を傷つけて、貶めて、暴言を吐きまくり、


おまけに私の休職期限が終わる前に


「貴方が出てくるとストレスで仕事が出来なくなるので、出て来ないで欲しいと」


人を病気にした方たちのいう言葉ですか。



心無い人がいるという事は信じたくはなかったけれど、


傍にいたことがとても残念でなりません。










by morukatura | 2017-10-14 09:53 | 日常

友人が来てくれた

今日は、最近の私の体調を心配して、

我が家から一時間半離れた場所に住む友人が来てくれました。

今日は、旦那さんも外出して、

おまけにマンションが断水にもかかわらず遠いところを来てくれました。

毎週火曜日に痛み止めの点滴をしてもらいに病院に通っているのですが、

今回は、何故か、痛みが昨夜から激しく、吐き気、おまけに頭痛まで出てしまい、

早めにベットに入ったのですが、痛みは一向に治まらず、一晩中眠れず、

明け方に、あまりにも痛みがひどくなったため、

痛みが一向に治まらずどんどん激しくなっていった時のために

処方されている鎮静剤の様な効果のある錠剤を、

半ば強制的に旦那さんに飲ませてもらい眠ることが出来たのですが、

誰もいない日中に飲むことも出来ず、痛みで紋々としているところに友人が来て入れました。

この薬は医師から処方されているのですが、

私が持っていると頻繁に使う可能性があるので旦那さんが管理しています

おかげで痛みで押しつぶされそうになっていましたが、ベットの中で横になりながらも

気分が落ち着くようにと話をしてくれたりして、夕方まで我が家にいてくれました。

そして、旦那さんが手術をするため数週間程入院をするのですが、

その時も心配だから様子を見に来ると言ってくれました。

私の担当医も旦那さんの病気の事よりも、

私が一人で家に残る方が心配で、冗談半分に「一緒に入院する?」と

言ってくれるのでが、我が家には猫ズとカメさんズがいるのでそれは無理なので、

どうしたものかと旦那さんも心配をしていたのですが、

夜、外出先から帰ってきた旦那さんにそのことを話すと

良かったと喜んでくれました。

私は一人で出来ることが少ないので、本当にありがたいです。

友人は泊まってもいいよ、とも言ってくれるのですが、

彼女にも家庭があるので、来てくれるだけでも感謝です。

今日も電話をかけてきてくれて、

先日私が電話に出なかった事に心配して来てくれたんです。

近くに義兄も住んでいるのですが、

義兄も忙しいので私の事を気にかけてはくれているのですが、

なかなか我が家に来ることも出来ないと思うので、友人の言葉に本当に感謝です。

本来なら私の妹や母がと言いたいところですが、

何せ私の病気に関してあまりにも理解がないのと

ここ数年距離をおいているので。(これは医師の指示)

病気になって、いろいろつらい思いもしましたが、

優しい友人にも恵まれて、私は本当に幸せ者だと改めて思いました。






by morukatura | 2017-04-06 00:50 | 日常

難しい~

いつもの年なら、もう確定申告は出来上がって1月中に提出できるのに

今年は、たった一枚の書類が足らず、まだ提出することが出来ない。

何度も何度も提出をお願いしているのに一向に届かない。

いい加減にしてほしいな~


私の性格上、毎年決まった時期に同じことをしないと、

何か調子が狂ってしまうのです。

自分でも、この性格を何とかしたい常に思うけれど、

もう長年のお付き合いなので、

なかなか変えることか難しいのです。

そのために、いろんな人に迷惑をかけることも多々あって

本当に申し訳ないと思うことが最近多くなってきました。

そのうち、きっと一人になって淋しい老後を迎えるような気がします。

それならそれでもいいか!と、思いながらも

やっぱりこれではいけないな~と思ったり。

でも、気持ちばかりが焦ってしまってどうすることも出来ない歯がゆさ・・・・

自分の性格を、自分で分析は出来ても変えられないなんて

私は、いつからこんなにこだわったり、頑固になったのかな

突き詰めたり、自分自身を追い詰めたり

そして、一人で反省してまた同じことを繰り返す。

どんどん心の奥深い闇の中に入っていく自分がはっきりと見えていく。

年と共に頑固になっていくというのはこういう事なのかな?

私もそういう年回りに入ってしまったんだろうね。

人生80年ならとっくに半分は過ぎてしまったから

残りの人生は穏やかにと思っているけれど、

この性格が邪魔をしてなかなか平穏になれないや。

身体だけじゃなくて、心もゆる~く、穏やかなならないといけないと

日々思うこの頃なのでした。


d0358843_19250470.jpg


噂のしまむらホイホイ、我が家も一個だけ購入しました。

姫ちゃんが中でまったりとしています。






by morukatura | 2017-01-30 22:57 | 日常

旦那さんの入院

昨日、旦那さんが入院をしました。

入院は私の専売特許だったから、思いもかけない出来事に戸惑うばかりです。

病名は「イレウス・腸閉塞」です。

過去にも何度かイレウスを起こし、入院をしたこともあるそうです。

私と共に生活をするようになってから、彼の入院は初めてです。

私は心に疾患を持っているので、一人で部屋にいることに不赤だらです。

自分の病気もあるので、彼に何も出来ない自分がとても歯がゆい思いで一杯です。

一日も早く退院できることを心が祈ることしか出来ません。


土曜日、義母の49日の法要が営まれます。

でも、私は情けないのですが、一人で人の輪の中に入っていけないので、

旦那さんともども欠席をすることになりました。

きちんとお義母にお別れと言うか、納骨をこの目でしっかりとみとどけたかってけれど、

諦めることにしました。私はまだ彼側の親戚の方々がほとんどわからないのです。

結婚をして時に、親族同士の顔合わせをしなかったので、今となって後悔しても遅いですね。


ネコズは私に気を使ってか、とてもお利口にしていてくれています。

ネコズにまで気を使わせてしまう私って一体何なんだろう って考えていますまいね。

明日も午後から旦那さんもところに、私の心を落ち着からるために行って来ます。

変われるものなら変わってあげたいけれど、こればっかりは無理なので、

一日も早く体調が落ち着いて、小腸まで入れてある管が抜けることを祈ります。









by morukatura | 2016-02-11 21:11 | 日常

痛い(>_<)話

私、昨年の9月末で退職をしたのですが、未だに離職票と言うものが届かない。

病気の上での自己都合でもなく、


どちらかと言えば職場都合による退職です。


私にパワハラをした人、いじめてくれた人、毎日無視してくれた人達が


「私が職場復帰するとストレスが溜まって仕事が出来ないから出てこないで欲しい」


と言って来ました。


それなのに、3カ月を過ぎてもまだ届かない。

私の場合、病気による退職で、今でも傷病手当金を受給しています。


そんな場合、退職後1ヶ月以内にハローワークに届け出をすれば、


最高で3年位かな失業保険の受給資格が延長されます。

ただし、私の場合は病気が病気なのと車椅子なので、


働きたくても働く場所があるかどうかが問題になります。


働く意欲はあっても受け入れ先があるかどうか・・・・・

だから、失業保険の受給は失効しても良いのですが、


もしかしたら、今スグではなくても、2年後、3年後に体調も病状も変わっているかもしれない。


それが最高で3年位の延長になるのですが、


すでに、もうやがて4カ月過ぎようとしているのに今になっても離職票は届かない。


離職票の番号は一人一番号と決まっているので、


私の過去のデーターが積み重なっているのです。


ハローワークの人に離職票が届いていないことと今までの経緯を相談に行ったところ、


たぶん、それは「嫌がらせ」だと思います。とのこと。

社労士が手続きを忘れるということはなかなか考えられないので、


たぶん「嫌がらせ」か「傷病手当金」を受給しているので、


もう働く意志はないと職場が勝手に判断したかのどちらかでしょう・・・・・・と

でも、それにしても、もしかしたら今すぐじゃなくとも数年後に働ける体、


場所が見つかるかもしれない。そんな時にも離職票は必要になるのに。

私が元いた職場はそういうことを世間に対して


大声で「働く者の味方です」なんて言ってたけど、


言ってる内容とやってることが全く違う。


ハローワークから指導がいっていると思うので、


そのうち届くと思うけど、


退職しからもこれ以外に約束をしたことを破ってくれたこともあったので、


大人しくしていようと思いましたが、毒を吐かせていただきました。








by morukatura | 2016-01-20 18:20 | 日常

久しぶり

余りにも久しぶりなので、

何を書いてていいのやら迷ってしまう。

文章を書くことは嫌いではないけれど、

今は、頭の中がごちゃごちゃになっていて、

何から書いていいのか順番が決められない。

時間はたっぷりあるのだから、

少しずつ整理をしながら書いていくことにしようと思います。



d0358843_00043948.jpg

私の介護用ベット、今日は寒かったのでネコズに見事に取られてしまいました

by morukatura | 2015-11-26 23:23 | 日常